レンタル楽器

【無料】レンタル楽器
アコギ・エレキ・ベース

当教室の受講者さんへギターなどの楽器をレンタルするサービスを行なっています。

利用できるのは、レッスンを受講される方のみです。

(入会申し込み時点でご利用いただけます)


よって、体験レッスンのときに入会申し込みをしていただければ、そのままレンタル楽器をお持ち帰りいただけます。


レッスンを受講される方は、ご自身の楽器をそろえていただく必要があります。

ギターやベースなら本体からピックなどの小物、ドラムならスティックと練習パットです。

それらの楽器を買うまでは、レンタル楽器をご利用ください。


また、続けられるか不安という方もご利用ください。

しばらくレンタル楽器で受講することもできます。

(レンタル期限は決まっていないのですが、数回のレッスンのうちにはご購入ください)


レンタルできるのは、ギターやベースなどの本体、アンプはもちろん、ピックやカポタストなどの小物まで全てです。

ご自宅で練習できる一式をレンタルいたします。

レンタルアコギをご紹介!

1つ目は、「Mavis」のアコギです。

そこそこボディが大きく、一般的なドレッドノート型です。


ちなみに私が最初に買ったギターで、中学2年なので10年前ぐらいでしょうか。

今は使ってないのでレンタル用にしています。

まだまだ現役で使えますので、ご安心ください。

2つ目は、「Aria」というブランドのフォークタイプで、いつもはスタジオ入口の横に飾ってあります。

ボディは非常にコンパクトで薄いので、小柄な方でも抱えやすく弾きやすいでしょう。

最後に、サウンドハウスのプライベートブランド「PLAYTECH」のミニギターが2本あります。

通常のギターより全体的に小さいため、お子様など手の小さな方のレンタル用です。

どのギターも1万円以下ですので、家でも気を使わずバンバン弾いてください!

レンタルエレキをご紹介!

レンタル用は、上の写真の4本です。

普通サイズ2本とミニギター2本を用意しています。


1つ目は、「PLAYTECH」のストラトキャスタータイプです。

一般的なストラトで、ピックアップはシングルコイルが3つ、1ボリューム2トーン、5wayセレクターです。

ブリッジはフローティングしていますし、特に改造はしていません。

レンタル用で一番オーソドックスなギターです。

2つ目は、「PLAYTECH」のSGタイプで、ちょっと特徴的な形のギターです。

ギブソンが発売しているSGという形です。(本物のSGは高いです)

普通のSGとは少し仕様が違います。

一番違うのはピックアップで、ソープバータイプの「P-90」風のピックアップが付いています。

その他のコントロール部は一般的なSGと同じで、2ボリューム、2トーン、3wayセレクターです。

3本目は、テレキャスタータイプのミニギターです。

普通のギターよりスケールが短く、お子様でも演奏しやすいです。

スケール以外は普通のテレキャスターで、シングルコイルが2つ、1ボリューム1トーン、3wayセレクターです。

安いですが、レンタルエレキギターの中では一番高価です。

4本目は、ストラトキャスタータイプのミニギターです。

普通のギターよりスケールが短く、お子様でも演奏しやすいです。

普通のストラトとは仕様が異なり、ブリッジはフローティングせず、アームは使えません。

コントロールはマスタートーンで、1ボリューム1トーン、5wayセレクターです。

レンタル時は、ケーブルとアンプもセットでお貸しします。

どのギターも安いので、家でも気を使わずバンバン弾いてください!

レンタルギターアンプをご紹介!

エレキギターをレンタルするときに、一緒にレンタルできるギターアンプは3つあります。

Laney(レイニー)のミニアンプ

3つの中で一番小さく、持ち運びは楽です。

コントロールもシンプルで扱いやすく、小さい割に音は良いです。

電池で動くのも魅力的ですね。


4極タイプのミニケーブルで、スマホのイヤホンジャックとつなぐと、スマホアプリで音を加工できます。

レイテンシー(遅延)がひどいときもありますが、意外と楽しいです!

Laney(レイニー)のミニアンプの詳細はこちら(ブログ)

PLAYTECH(プレイテック)のギターアンプ

私が最初に買ったギターに、セットだったアンプです。

少しゴツゴツしていますが、クリーンからドライブサウンドまで幅広く対応可能です。

音もけっこう大きいです。

PLAYTECH(プレイテック)のギターアンプの詳細はこちら(ブログ)

YAMAHA(ヤマハ)のギターアンプ

自宅練習用の定番ギターアンプです。

3つの中で一番大きく、音は一番良いです。

クリーンチャンネルとドライブチャンネルの切り替えができ、イコライザーも3バンドついていますので、音作りの幅は広いです。

ただし、レンタルするには少し大きいです。

YAMAHA(ヤマハ)のギターアンプの詳細はこちら(ブログ)

レンタルベースをご紹介!

レンタルギターはたくさんあるのですが、ベースはレンタル用で常備しているのは1本だけです。

(レンタルが重なれば、他で使用しているベースをレンタル用にしますので、ご安心ください)

レンタル用は、「BUSKER’S」のジャズベースです。

8年前ぐらいに中古で買ったので、けっこう古いかもしれませんが、まだまだ現役で使えます!

仕様は一般的なジャズベースで、2ボリューム、1トーンです。

ジャズベースですので、プレシジョンベースに比べてネックが握りやすく、どんな方でも使いやすい仕様です。


アンプは、「Blackstar」のFly3 BASS miniです。

ベースアンプにしてはかなり小型ですが、音はけっこう良いです。

オーバードライブスイッチ、コンプレッサーノブ、低域強調ノブなどがあり、EQノブは1つですが、低域ノブと合わせて使えば、いろいろ音作りできます!

電池でも動くので持ち運びもラクチンです。

音量もそこそこ出るので、自宅練習には十分だと思います。


ベース本体、アンプ、ケーブルまで、練習セットは一式レンタルできますので、ご安心ください!